山めし礼讃  >  山めしレシピ ごはん > 山のカレードリア

2011年02月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加

山のカレードリア

山めしシリーズ。
今回は「山のカレードリア」。

a2fb3308.jpg

これを「ドリア」と呼んでいいのかどうか、かなり怪しいところではあるが、
制約のある山のことである。 まあ、よしとしよう。



材料はこれだけ。
 ・アルファ米ドライカレー
 ・とろけるチーズ
 ・ポタージュスープ(カップスープ)
 ・乾燥湯葉

doria20061028-001.JPG

まずは、フリーズドライのドライカレーを準備。

doria20061028-002.JPG

お湯を注いで、米と具材をしっかり混ぜた後、乾燥湯葉をいれる。

doria20061028-003.JPG

その後にとろけるチーズを投入。

doria20061028-005.JPG

そのまま15分後。。。

doria20061028-006.JPG

チーズと湯葉がほっこり溶けた、ドライカレー、
あらため「山のカレードリア」のできあがり。

その上に、カップスープの素を2~3倍濃い目に溶いてかける。
ホワイトソース代わりである。

doria20061028-008.JPG

うーん。なかなかのできではないかっ!(自画自賛・・汗)
ドライカレーの辛味と、チーズと湯葉のマイルドな関係。
ホワイトソース代わりのほうれん草のポタージュも、トロミがあっておいしい。

なせばなる。怪しい「山のカレードリア」。
ちなみに、ドリアとは、もともとはイタリアの貴族ドリア一族のために
パリのレストランが創作した料理だそうな。
日本では、昭和元年に横浜ニューグランドホテルで
スイス人の料理長がライスに小エビのクリーム煮をのせて
ベシャメルソースをかけオーブンで焼き上げたものが原型だとか。
『ウィキペディア(Wikipedia)』より

doria20061028-007.JPG

そんなことに思いを馳せながら、
キッチンでつくる「山のカレードリア」であった。。。




この記事を書いた人:山めし礼讃 管理人 げんさん

山めし礼讃 げんさん
ビールを飲むためにテントを担いで山に登り、山ごはんを作るのが趣味。登山歴、山ごはん歴20年以上。低山からアルプス、日帰りからテント山行まで、四季を通じて休みがあれば山に行き、山めしを作って飲む。夏は北アルプスや南アルプスを中心に、最近は東北の山にも目覚めている。冬は八ケ岳を中心に、美しい景色と美味しい山ごはんのために山へ繰り出す。
著書に「げんさんの山めしおつまみ」(エンターブレイン)、共著に「げんさんとよーこさんの山ごはん」(山と渓谷社)などがある。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
山めし礼讃 書籍化!
山めし礼讃が2冊目の書籍化!
絶賛予約受付中!

げんさんとよーこさんの山ごはん



山めし礼讃が
書籍化されました!

げんさんの山めしおつまみ

yamameshi-hyoshi


2冊目の山めし本、電子書籍で出版されました!

山めし礼讃 (Kindle版)





山めしレシピ人気記事
山めし礼讃の山めしレシピ
山めしグッズ人気記事です

山のカレー焼きラーメン
スパムとゴーヤのトマトソース
チタン フライパン
フリーズドライ漬物

山めしを作った山行記録はこちら
怪しいツアー回想録

山めし礼讃の山めしグッズ
山めし礼讃 最新コメント
山めし礼讃ツイッター
Facebook
山めし礼讃 プロフィール

山めし礼讃

山めし礼讃へのコンタクト
sawaya1965■yahoo.co.jp
(■を@に変えて送信ください)

山めしタグクラウド
山めし礼讃 記事検索
山めし 月別アーカイブ
山めし礼讃 QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)

""