山めし礼讃  >  山めしレシピ 缶詰 > 自家製アンチョビ風

2011年03月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加

自家製アンチョビ風

いつもの定番、奥高尾の景信山で作った山めし。
アンチョビ風なおつまみ。

25157153.jpg

これを「自家製風アンチョビ」としたものか、
「自家製アンチョビ風」としたものか、
いや、正確に言うと、「自家製風アンチョビ風」なのだが・・・笑



あるバーでヒントをえた、このおつまみ。
そのバーでは、まさに新鮮ないわしをさばいて、
自家製のアンチョビをつくってだしてくれるのだが、それがうまいのだ。

そこでそれほど手間をかけずに、山で食べる方法を考えてみた。

山へ行く前日の夜・・・まずオイルサーディンとおいしい塩を用意。

anchobi20080412-001.JPG

オイルサーディン缶詰の油を半分ほど捨て、そこに塩をする。
(このときいいオリーブオイルがあれば 入れ替えるといいのだが
 あいにく切らしていて、 太白ごま油を少し足した)

anchobi20080412-002.JPG

これを一晩冷蔵庫へ。

anchobi20080412-003.JPG

このまま保冷し、いざ山へ。
コッヘルの蓋にアルミ箔をしき、そこに即席アンチョビ風をならべる。

anchobi20080412-004.JPG

ミニトマトを半切りにして投入。

anchobi20080412-005.JPG

風味付けにアイラモルト、やや穏やか目のボウモアを少しふりかけ、

anchobi20080412-006.JPG

弱火で加熱。

anchobi20080412-007.JPG

黒こしょうをたっぷりふりかけ、

anchobi20080412-008.JPG

アツアツの自家製アンチョビ風の出来上がりである。

anchobi20080412-009.JPG

アンチョビ風の塩味と油で焦げたサーディンの風味、
そしてアイラモルトの風味がからみあってえもいわれぬ酒の肴になった。

ここで大発見したのが、ミニトマト。

anchobi20080412-010.JPG

「優糖星」という甘みのあるミニトマトをつかったのだが、
これがアイラモルトの香りと味わいをじつに素直に吸収し、
これだけでもいい!というくらいの肴になっていた。

次回は「ミニトマトのソテーアイラモルト風味」、なるものをやってみようか・・・(笑)

いや、久々の山歩きにふさわしい、プレミアムな山めしの前菜。
自家製アンチョビ風、
これは自分的定番になりそうだ(笑)

ちなみに、そのものではないがヒントになった「自家製アンチョビ」を
だしてくれたのは自由が丘の「スペイサイドウェイ」といういいバーである。

さて、次回はメインの(?)鮎ラーメンである。 (鮎ラーメン につづく・・・)


#山めしのご参考になりましたら、ぜひ一票を。
  また、実際に作ってみられたりしましたらぜひコメントで
  ご感想などいただければとってもうれしいです。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
山めし礼讃 書籍化!
山めし礼讃が2冊目の書籍化!
絶賛予約受付中!

げんさんとよーこさんの山ごはん



山めし礼讃が
書籍化されました!

げんさんの山めしおつまみ

yamameshi-hyoshi


2冊目の山めし本、電子書籍で出版されました!

山めし礼讃 (Kindle版)





山めしレシピ人気記事
山めし礼讃の山めしレシピ
山めしグッズ人気記事です

山のカレー焼きラーメン
スパムとゴーヤのトマトソース
チタン フライパン
フリーズドライ漬物

山めしを作った山行記録はこちら
怪しいツアー回想録

山めし礼讃の山めしグッズ
山めし礼讃 最新コメント
山めし礼讃ツイッター
Facebook
山めし礼讃 プロフィール

山めし礼讃

山めし礼讃へのコンタクト
sawaya1965■yahoo.co.jp
(■を@に変えて送信ください)

山めしタグクラウド
山めし礼讃 記事検索
山めし礼讃 QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)

""