山めし礼讃  >  山めしレシピ ごはん > 加藤文太郎の雑炊

2021年01月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加

加藤文太郎の雑炊

加藤文太郎の雑炊。

20210101buntarozousui-777

新田次郎の山岳小説、「孤高の人」の主人公、加藤文太郎が冬山で作っていた(と思い込んでいた)雑炊を、雪の八ヶ岳でやってみた。



あけましておめでとうございます。
こんな状況下ではありますが、みなさまどのようなお正月を迎えられましたでしょうか。

さて、「孤高の人」で加藤文太郎が冬山に挑戦し、誰もいない八ヶ岳の夏沢鉱泉(もちろん当時は冬期無人)で元旦の朝を迎え、作った(と思い込んでいた)山めし。

材料はシンプル。
おにぎり(昆布)、かまぼこ、うどんスープの素、ブラックペッパー。

20210101buntarozousui-001

紅白の色合いが、お正月っぽくていいですな。

20210101buntarozousui-002

シェラカップにお湯を沸かし、

20210101buntarozousui-003

その間に凍ったかまぼこを食べやすい大きさに切る。

20210101buntarozousui-005

お湯に、インスタントうどんのスープ(具入り)を半分ほど入れ、

20210101buntarozousui-004

そこにおにぎりを投入。

20210101buntarozousui-006

かまぼこを放り込んで、仕上げにブラックペッパーをたっぷりふりかければ

20210101buntarozousui-008

できあがり~

20210101buntarozousui-007

うどんスープとブラックペッパーだけのシンプルな味付けだが、シンプルなだけにかまぼこがこんなに美味いと思ったことはない、というくらい美味かった。

おにぎりを崩せば、中からお昆布の味がしみ出して、これまた超美味。

実は、「孤高の人」を再度読み返してみると、元旦の雪山の中でひとり、夏沢鉱泉で加藤文太郎が作ったのは、白米を炊いて、かまぼことバターで作ったスープを添える、というものだった。
十年前ぐらいに読んだのが最後だったのか、記憶が何かと混じっていたのだろう。

でも、凍ったかまぼこを入れて温め、ひとり誰もいない鉱泉の極寒の床の上で迎えるお正月のシーンが脳裏に焼き付いていて、今の気持ちにぴったりだったのだ。

ここまでつくりあげてきた職場をひとり離れ、また新しい部署を起こす。
行き着く先はまだ視界の彼方だけれど、歩き始めよう。
しばらくは風雪に耐え、ラッセルをしながらの道行きが予想されるが、冬山と思えばどうということもあるまい。

加藤文太郎の強靱な精神と、不屈の魂に憧れつつ、えれぇこった、えれぇこった、とつぶやきながら行きますか。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

山めし礼讃 げんさん

<孤高の人>
孤高の人(上) (新潮文庫) 
山にのめり込むきっかけになった本であり、人生の指針にもなった書。
何度読み返したかわからないけれど、また読んでしまった(笑)





このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
山めし礼讃 書籍化!
山めし礼讃が2冊目の書籍化!
絶賛予約受付中!

げんさんとよーこさんの山ごはん



山めし礼讃が
書籍化されました!

げんさんの山めしおつまみ

yamameshi-hyoshi


2冊目の山めし本、電子書籍で出版されました!

山めし礼讃 (Kindle版)





山めしレシピ人気記事
山めし礼讃の山めしレシピ
山めしグッズ人気記事です

山のカレー焼きラーメン
スパムとゴーヤのトマトソース
チタン フライパン
フリーズドライ漬物

山めしを作った山行記録はこちら
怪しいツアー回想録

山めし礼讃の山めしグッズ
山めし礼讃 最新コメント
山めし礼讃ツイッター
Facebook
山めし礼讃 プロフィール

山めし礼讃

山めし礼讃へのコンタクト
sawaya1965■yahoo.co.jp
(■を@に変えて送信ください)

山めしタグクラウド
山めし礼讃 記事検索
山めし礼讃 QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)

""